お尻の吹き出物(ニキビ)に最適?オロナインH軟膏の効果って?

お尻にできた吹き出物(ニキビ)を治そうと思ったら・・・

 

やっぱり市販薬(皮膚疾患・外傷治療薬)として有名な「オロナインH軟膏」でしょうか?

 

効能・効果に「にきび・吹き出物・・・」って書いてありますからね^^

 

チューブ入りの持ち運びサイズのももありますが、ボトルタイプだと結構サイズも大きくて「100g」も入ってます。

 

オロナインは、一応「第2類医薬品」で、やはり薬。

 

日常生活に支障のある副作用・健康被害が出る場合もあります、というランクのものですが、まず問題はないでしょう^^

 

私の若いころは、なんにでも「オロナイン」塗とっけば治る、って言われたりしてて、虫さされや、やけど、おでき、擦り傷など、ほんとに何にでも使ってた記憶があります。

 

一つ、オロナインの欠点をあげるなら・・・

 

それは「ベタつくこと」

 

下着や衣服に触れない部分にはいいものですが、特にお尻などに使用する場合、1日中下着に触れている場所ですし、デスクワークだったりしたら、もう最悪。

 

塗りすぎると、下着もくっつきますしね^^;

 

ってことで、オロナインは万能ですが、ベタつきが気にならない場所ならばですね。

 

お尻には向かないかも知れません。

 

それに、お尻の吹き出物やニキビは、沢山できてないですか?

 

1箇所や2箇所じゃないですよね?

 

お尻全体に塗る必要があるものなので、やはりベタつかないものが一番だと思いますよ。

 

ここでご紹介しているものは伸びもよく、分厚いお尻のお肌に対しても「スッと」馴染んで吸収してくれる、「お尻専用クリームやジェル」になります。

 

お尻の吹き出物や黒ずみ、デリケートゾーン(Vライン)のブツブツなどでお悩みの際、参考にしてみてくださいね^^

 

 

お尻のぶつぶつニキビや吹き出物の悩みに!お尻専用クリーム比較!!

ピーチローズ

お尻の肌トラブル専用ジェルクリーム。

 

お尻専用となっていますが、全身に使用できるスグレモノ。

 

当然、お尻の吹き出物(ニキビ)、ザラザラした乾燥肌や鮫肌、お尻の黒ずみ、Vラインのシミなどに最適なジェルで、肌厚のあるお尻の角質まで浸透できる「超低分子ヒアルロン酸」なども配合されています。

 

 

 

 

ヒップルンホワイトクリーム

お尻のお肌の悩み全般解決クリーム。

 

あの、下着の通販で有名な「ピーチジョン(PEACH JOHN)」から発売された、お尻の「くすみ・黒ずみ(角質による)・ニキビ(吹き出物)・ザラつき・毛穴詰まり・肌荒れ」をケアしてくれる、薬用美白+保湿重視のお尻専用クリームです。

 

 

 

 

シアクル・スベリージュ

お尻専用美白ジェル。

 

お尻ニキビや吹き出物は勿論のこと、特にお尻の美白に特化したもので、3秒以内に角質がポロポロ取れない場合、全額返金と謳われています。

 

サイト内に設置された動画をみる限り、ほんの一瞬で古い角質が取れていくのは目を疑うばかりです^^;

 

 

 

ファムズベビー

赤ちゃんから、ママ、お年寄りまで使える「全身保湿ムース」。

 

本来、赤ちゃん(乳児)の全身、肌トラブルに特化したものですが、裏をかえせば、刺激に弱い赤ちゃんのお肌に使用できるので、敏感肌の方に最適!

 

サイト内でも紹介されていますが、年齢・性別に関係なく、全身の肌トラブルに使える優れものです。

 

 

 

お尻に吹き出物やニキビができないようにするにはどうしたら良い?

お尻にできたニキビ・・・

 

 

若い頃はニキビって呼んでましたけど、大人になると、、

 

吹き出物って呼んだほうがいいですかね?

 

ニキビは顔だけって思いがちですが、皮脂腺のある部分ならどこにでもできます。

 

お尻にできるものには、その原因によっていろんな呼び名があり、「吹き出物」「ニキビ」「湿疹」「おでき」「デキモノ」「粉瘤」「汗疹」「ブツブツ」「イボ」「痔瘻」「毛嚢炎」と言った具合。

 

皮脂が原因である「吹き出物(ニキビ)」じゃない場合・・・

 

皮膚科など、医療機関のお世話になった方がいいものもあるので、見極めることが大事ですね。

 

実際、、自分で確認するのも大変ではあるんですけどね、、、鏡に映して確認するのが精一杯だし、

 

お尻という場所がら、、、直ぐにお医者さんに行こうってなりませんもんね^^;

 

この辺りは自己判断にお任せします。

 

 

★吹き出物(ニキビ)だった場合の原因と解消法!!

 

皮脂・洗い残しが原因なの?

お尻に皮脂なんてあるの?って思いがちですが、意外と皮脂腺も多くて、これが原因だったりもしますし、お尻独特のお肌の厚みが影響することも多いです。

 

お風呂に入った時、お肌を傷めないように、充分に泡立てたタオルでしっかりと洗ってやり、石鹸やボディシャンプーの洗い残しがないように、しっかりと洗い流してやることが大事です。

 

背中ニキビの原因などと同じで、石鹸などの洗い残しが原因となることも多いですよ^^

 

自宅以外のトイレ(不衛生)が原因?

自宅のトイレなら心配はないかもしれませんが、会社や公衆のトイレの場合は、やはり赤の他人が使用しているし、掃除も行き届いているか分かりません。

 

不衛生な便座が原因で、菌などにより、お尻に思わぬ影響が及ぶことも・・・。

 

そのまま便座に座る人は少ないとは思いますが、トイレットペーパーで便座を覆ってやるとか、携帯除菌スプレーなどを持ち歩くのもいいですね。

 

刺激やムレが原因?

1日中下着の中でムレムレのお尻は、汗や皮脂などで、ただでさえ不衛生になりがち。

 

デスクワークなどの場合、そこに自身の体重が加わり、お尻は潰されたまま下着と擦れて、それなりに刺激も受けていますから、接触性皮膚炎などに注意が必要。

 

通気性の良い下着を身につけたり、気がついた時に立ち上がるなどして、お尻の血行をよくしてやることも大切ですね。

 

通気性のいい、クッションや座布団などを敷いてやるのもいいと思いますよ^^

 

お尻の乾燥も大敵?

肌質にもよりますが、乾燥肌だとお尻もカサカサ。

 

お肌が乾燥すると、どうしても痒みが出たりして、知らず知らずのウチにお尻を掻いてたりします。

 

コレが原因となり、お尻のお肌を傷つけ、バイ菌などで炎症を起こすことも・・・。

 

保湿効果の高い「お尻専用クリームやジェル」などが効果的です。

 

★お尻の黒ずみの原因と解消法!!

 

お尻の黒ずみの原因って?

お尻の黒ずみの場合、大き分けて2つの原因が考えられます。

 

@一つは、メラニンが関係する古い角質による黒ずみ。

 

Aもう一つは、特に痩せている方に多いものですが、お尻のお肉が少ないために、自身の骨と、座っている椅子や座敷との圧力で皮膚が圧迫され、シミのような黒ずみになります。

 

@は、メラニンを含んだ角質を取り除けるジェルやクリームを使って、お肌のお手入れをしてやる。

 

Aは、お尻にお肉を付ける(太る)ことですが^^;

 

無理でしょうから、座る場所に、体重を分散できるような座布団などを敷いてやるといいです。

いずれにしても、お尻に吹き出物ができない環境を優先することが大事で、常に清潔に保ち、お尻の分厚い肌質でも浸透できる、「保湿クリーム」などが有効だと思いますよ^^

 

更新履歴